動画で見る 化膿性汗腺炎ってどんな病気? 動画で見る 化膿性汗腺炎ってどんな病気?

play

化膿性汗腺炎の症状には 次のようなものがあります。 化膿性汗腺炎の症状には 次のようなものがあります。

  • 結節

    痛みをともなう結節(けっせつ)−太ももの内側や付け根にしこりやコブのようなものができて、時間がたつと大きくなって赤く腫れてくることがあります。
  • 膿腫・膿瘍

    膿腫(のうしゅ)・膿瘍(のうよう)−皮膚の下に膿がたまったしこりを膿腫、さらに膿がたまって袋がやぶれ、ぷよぷよしたものが膿瘍です。
  • 瘻孔

    瘻孔(ろうこう)−痛みをともなって穴から膿が漏れていく症状で、治るまでに長い時間がかかり、治っても痕が残ることがあり、たいてい皮膚の下に、蟻の巣のようなトンネルができています。
  • 瘢痕

    瘢痕(はんこん)−膿瘍の再発を繰り返すと皮膚が厚くなり、太い縄のような傷痕が残ります。

症状のでやすいところ(男女別) 症状のでやすいところ(男女別)

わきの下やお尻、あしの付け根などに
できやすいという特徴があります。

男性の場合・女性の場合 男性の場合・女性の場合

男性の場合は、わきの下やお尻、股などに症状がでやすいです。

女性の場合は、わきの下や胸(乳房の下)お尻、股などに症状がでやすいです。

化膿性汗腺炎の経過 化膿性汗腺炎の経過

放っておくと
症状が進行していくことがあります。

最初は赤く腫れ上がったおできのような症状ですが、進行すると
膿がたまり、次第に皮下でつながってトンネルを作るようになります。
これが進行すると、患部が広がって、瘢痕になったり、炎症を繰り返したりします。

  1. 1

    1個または複数個、膿がたまったおできができる。

  2. 2

    1個または複数個のおできが繰り返しでき、範囲が拡大する。

  3. 3

    複数のおできが皮下でつながり、炎症が広範囲に及ぶ。

進行

Hunger RE, et al. Dermatology. 2017; 233: 113-119.

症状がひどくなると、日常生活や仕事に支障が出たり、気分的に落ち込んでしまうこともあります。身体的な影響だけではなく、下の例のような生活の質への影響を少なくするためにも、できるだけ早い機会に皮膚科医に相談して、適切な治療を受けましょう。

【例】
  • 患部が痛くて、思うように動けない

  • 長時間座っているのが辛く、
    長時間の会議や遠方への出張が苦痛

  • 気分的に落ち込んでしまう

  • 旅行やレジャーに消極的になる

  • 膿による衣類の汚れや臭いが気になる

もしかしたら 化膿性汗腺炎? 簡単セルフチェック もしかしたら 化膿性汗腺炎? 簡単セルフチェック

  • 監修

    日本大学医学部 皮膚科学系 皮膚科学分野 教授 照井 正 先生

  • 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 皮膚科部長 林 伸和 先生